赤城苑

お問い合わせ
0279-60-3030

渋川市赤城地域包括支援センター

地域包括支援センターについて

赤城地域包括支援センターたより

認知症サポーター養成講座「落語で学ぼう認知症」(令和4年7月26日(火))チラシ

 

 

 

 

 

 

 

 

【包括周知チラシ】「困った時は相談してください!頼りになります!赤城地域包括支援センター」

【センターの紹介】「群馬県地域包括・在宅介護支援センター会報(R4年2月)より活動紹介」

【広報しぶかわ】 「『住み慣れた渋川市で安心して暮らしたい』を支える地域包括支援センター」

運営方針

「地域包括支援センター」とは どんなところですか?

介護・医療・福祉などの関係機関と協力して、おもに高齢者の健康や生活、権利を守るために置かれている「身近な相談窓口」として、高齢者ご本人やご家族など、どなたでも利用できます。

地域のみなさんからのさまざまな相談や悩みを聞いたり、ケアマネジャーや事業所等と連携したりしながら、「暮らしやすい地域」を作ります。
センターでは、主任ケアマネジャー、保健師、社会福祉士が中心となって高齢者の支援を行います。互いに連携を取りながら、「チーム」として総合的に高齢者を支えています。

利用対象者

おおむね65歳以上の高齢者ならびにそのご家族等を対象とします。
※担当地域は 渋川市赤城町 です。

利用内容

高齢者の方やそのご家族、介護・健康・福祉・医療や生活に関することなど、悩みや心配事をご相談ください。必要に応じてご家庭まで伺います。
高齢者の方の権利を守る成年後見制度の紹介、および高齢者虐待の早期発見や消費者被害などに対応します。

地域で高齢者を支援するケアマネジャーの支援や、医療機関、福祉施設、介護サービス事業所、住民による支えあい活動などさまざまな機関とのネットワーク作りに取り組み、高齢者の方々が継続して必要なサービスが受けられるよう支援します。

個別の相談対応のほかにも、介護が必要になる状態を予防し、また、支援が必要となっても悪化を防ぐ、地域の拠点として取り組んでいきます。
ふれあいいきいきサロンへの訪問、認知症サポーター養成講座や介護予防・家族介護教室の開催、赤城地区地域助け合い活動(絆の会)への参加など、多様な業務を行っています。

相談事例

~例えば…こんなことでお困りではありませんか?~

など

利用方法

窓口での相談のほか、ご自宅等にも訪問させていただきます。
(ご来訪の際には、事前にご連絡いただけると迅速に対応できます。)
※渋川市からの委託事業のため、相談費用は一切かかりません。

開設時間

営業時間 8:30~17:15(月曜日~金曜日)
休業日 土日・祝祭日・年末年始

相談受付

渋川市赤城地域包括支援センター

所在地 〒371-1111渋川市赤城町北赤城山1055-1(介護老人保健施設 赤城苑内)
電話番号 0279-26-2218 [直通]
トップへ戻る